水没したiPhoneをメーカーに頼む方法

iPhoneが水没したときの適切な対処法

iPhoneは、水や湿気などに弱い性質があるため、うっかりと水没させてしまった場合には、一刻も早くメーカーにサポートを依頼することが重要です。特に、iPhoneの内部まで浸水しているケースでは、すべてのパーツの交換が必要となることもあり、買い替えをすべきかどうか慎重に判断をすることが大事です。一方、防水加工が施されているiPhoneについては、水没をした後もパーツの交換をせずに、普段通りに機能が使えるものもあり、修理費用が安く済むこともあります。そこで、iPhoneの水没時の対応について迷っていることがあれば、実際にメーカーに修理をしてもらった経験を持つ人のレビューを日頃から読んでおくことがおすすめです。

水没したiPhoneの修理価格をチェックしよう

水没したiPhoneの修理価格は、パーツ交換の必要性によって大きく左右されることがあり、メーカーの担当者と相談をしながら、なるべく経済的に負担の掛からない方法を選ぶことが大事です。また、iPhoneを購入する際に故障時の保険に加入をしておくことで、水没時の費用を安く済ませることができるため、特にiPhoneの使用頻度が多い人であれば、月々の掛け金や補償の対象となる場合について、きちんと調べておくことがおすすめです。最近では、iPhoneの発売元のホームページなどで具体的な修理価格について把握ができるようになっています。そこで、おおよそのコストについて仕事や家事の合間を縫ってチェックしてみましょう。

iphone6sのバッテリー 交換は数千円から一万円前後で行う事が出来ます。バッテリーの持ちが悪いと感じている方は買い替えでは無く、バッテリー交換を行いましょう。