水没したiPhoneの内部データの取出し方

水没しても希望はある!データの取り出し

大切にしているスマホでもちょっとした事が原因で水没させてしまう可能性があります。どれだけ注意していても不注意による事故は中々防げないものです。そこで利用したいのがスマホの修理業者です。水没してしまうと電源が入らなかったりデータへのアクセスが出来ないなどの障害がおきてしまいます。修理業者ではスマホ自体が修理できなくても中のデータだけは取り出せる場合があるので、修理を依頼してみるのも手です。自身でなんとかしようとして解体や、振って水を抜き出そうとすると余計に被害を拡大してしまうので水没させたらそのままの状態で持ち込むようにしましょう。大切なデータを最悪な状況から救出するためにもこうした知識は重要です。

業者へ持ち込みデータを吸い出してもらう

水没したスマホからのデータを取り出すには業者へ持ち込むと良いでしょう。内部のデータは専門的な知識がなければ取り出すことは難しいため業者へ持ち込むのが便利です。ただ、業者へ持ち込む時は早めに持っていくと良いでしょう。長時間水に浸かっている状態だと回復出来ない場合や内部のデータがどんどん侵食されていってしまうのです。また、電源を入れてしまうのも危険です。侵食した水によってショートしてしまう可能性がありえるからです。そうなるとデータの読み出しができなくなる可能性も高くなります。取り出したデータは記録媒体へ移してもらえたりするのですぐに新しい機種へとデータの移行を行えますが、全てを吸い出せるとは限りません。

iphoneが起動しない時は、iPhoneのホームボタンとスリープボタンを同時に押し、その状態で10秒以上長押しすると復活する時があるので試してみると良いでしょう。